電力自由化で自分の家庭に合う電力会社はどこ?一番安くなる会社を調べる比較サイト

power-company-electricity-liberalization-comparisonいよいよ4月から始まった電力会社を消費者が自由に選ぶことが出来る「電力自由化」ですが、実際に始まってみると切り替え件数は1%にも満たなかったようです。

切り替えが進まない理由としては、複雑な条件や選択肢が多すぎるなどややこしさを嫌うユーザが多いようです。実際には検針票に記載されている「お客様番号」や住所、氏名をWEBフォーム、もしくは申込用紙に記載するだけで手続きは完了します。特に難しいことも無く気軽に変更可能です。

各社様々な条件を出しているので一概に値引き額を表現するのは難しいですが、年間で電気料金が15万円超の世帯であれば、1万円前後下がることが多いようです。

今回は自分の家庭にあった電力会社を「郵便番号」、「現在の電気料金」、「現在のプラン」、「家庭構成」等の簡単な情報を入力するだけで、住んでいる地域と電気の利用状況を元に料金シミュレーションを行い、最適な電気料金プランを割引額が多い順に紹介してくれます。

今回ご紹介する比較サイト「エネチェンジ」は会員登録も必要ないため、気軽に診断が出来ます。この機会に是非診断して自分の家庭に最も合いそうな電力会社を見つけて下さい。


スポンサーリンク

エネチェンジ電力比較

東京電力の比較サイト


東京電力で他社に切り替えるつもりが無い方でも、4月から新プランが大量に出来たので現在のプランより安くなることがあるようです。1度試算してみましょう。

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

お金の知識の最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。