年収600万円でR35 GT-Rは買えますか?元銀行員が答えてみた

年収600万円でR35 GT-Rは買えますか?元銀行員が答えてみた今回、「年収600万円でR35 GT-Rは買えますか?FPに聞いてみた」という記事をみつけたのですが、FP(ファイナンシャルプランナー)という専門家がこたえているにもかかわらず、結論があいまいで内容もあまりうなずけるものではなかったので、元銀行員のわたくしが再度検討してみたいとおもいます。


スポンサーリンク

夢のクルマを手に入れるシミュレーション

【目標】R35 GT-R メーカー価格約1200万円

【設定】Aさん:年収600万、貯金1000万円、30代独身(近々結婚予定あり)

ポイント1:車体価格は全額ローンをくめ!

今回のケースでは1000万も貯金があるとのことでしたが、なかなか今の時代に30代で1000万まで貯金をためるのは難しいのではないかとおもいます。

「できるだけローンは少額の方が良い」とおもっている人は多いですが、記事参考の静岡銀行のマイカーローン金利2.4%となっているように、いま金利は安いです!

フリーローンやカードのキャッシングなどいわゆる何にでも使えるお金を借りるというのは、やはりいつの時代も金利はとても高いです。

10%以上なんてざらですのでついつい使ってしまう人はよく確認してみてください。

それに比べて、自動車ローンや住宅ローンなどいわゆる目的ローンは、その目的にしか使えないお金なので金利は安く、さらに近年はどんどん低くなっています。目的ローンに当てはまるお買い物は、ぜひ使わない手はありません。

「金利を払うくらいなら現金使った方が良いのでは?」とおもったあなた。

お金に働いてもらうという手段があることはご存じですか?

ようは金利以上の利息がつくようにお金に働いてもらうのです。

お金はないところに増やすのは難しいですが、あるお金くんたちに働いてもらえば増やすこともそんなに難しくはありません。

つまり今回でいえば2.4%以上です。

0.~の預金金利では話になりませんが、100万円で2万4000円と考えるとそんなに無理な金額ではないと思いませんか?

お金に働いてもらうことについては長くなってしまうのでまた別の記事でお話していきたいと思います。

とはいっても1200万円を全額ローン組むというのは限度額の関係でまず無理でしょう。わたしは最大限ローンを使うことをおすすめしたいので1000万円自動車ローンを組めたとします。

ポイント2:ローンの期間は最大限ながく設定する!

ローンの返済期間は少しでも短くしたいというお気持ちはよく理解できますが、そこはぐっとおさえて最長で設定してください。

がんばって短くしても月々の返済が苦しくなっていくだけです。

少なくとも15年にはできると思います。もっと長くできる場合はもっと長くしてくださいね。

さて、これでローンシミュレーションができました。

    ・借入金額:1000万円
    ・返済期間:15年(360ヶ月)
    ・返済方法:元利均等返済
    ・借入金利:2.4%
    ・ボーナス払い:設定なし

1000万円ローンを組んで月々の返済は38,994円となりました。

月々約4万円は意外と安くないですか?

しかも頭金は200万円でいいのです。貯金も800万円残りました。

この記事の仮定では貯金400万円しか残らないのでです。

800万円も働いてくれるお金が残るのは心強いですし今後の備えとしても十分な働きをしてくれるでしょう。

期間を長くするメリットは、いつでも返せることです。余裕がある場合は繰上返済をすればお得になる場合もありますのでローンを組むときはぜひ繰上返済の可否を確認してください。

繰上返済を視野に入れるときは元利均等返済を選んでおくといいでしょう。

ポイント3:ボーナス払いは設定しない!

ポイント3:ボーナス払いは設定しない!
ボーナス払いは、ボーナスが出る月に通常月より多く返済するので月々の返済額を減らせるというメリットがあると言われていますが、じつは総支払額は増えているのです。

ボーナス払いにすると、元金がボーナス月にしか減らないので同じ金利でも支払う分の金利が増えてしまい、結果として支払う総額が増えてしまうのです。

実際の生活費を当てはめてみると

Aさんは、毎月の手取りは約35万円。

月々の生活費は25万円であるため、+4万円のローン返済が加わっても毎月6万円とボーナス分は貯蓄にまわせるので、貯金も800万円残りましたし余裕がありそうです。

しかし、クルマの維持費も計算すると30代独身の男性が25万の生活費はかかりすぎに思えますので、生活費は少し見直してローン分の4万分ぐらいは節約できるように努力することをおすすめします。

そして、R35 GT-Rは維持費の高さもピカイチだからこそ年間100万ぐらいは見積もっておきましょう。

そうすると月々約8万円。4万節約できたと仮定して

生活費21万円+ローン4万円+維持費8万円=33万円

これでも月々2万円とボーナス分が貯蓄分です。

そして残しておいた800万円の貯金を無駄にすることなく活用すれば、結婚などのライフイベントと夢のクルマの維持を実現することができます!

R35 GT-Rは夢じゃない!

いかがでしたでしょうか。

夢のクルマを買えるかというよりも、ローンのことについてがメインになってしまいましたが、これらのことは住宅ローンなどにも同じことが言えるものが多いのでぜひ参考にしていただき、夢を諦めないでほしいなと思います。
参考:zuuonline.com,suumo.jp

この記事がよかったら
いいね!お願いします♪

お金の知識の最新情報をお届けします

Twitterで更新情報を受け取ろう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。