スポンサーリンク

日本マクドナルド「景気は元には戻らない」 朝日100社調査で国内景気に停滞感

経済
スポンサーリンク

世界中で新型コロナウイルスの影響により非常にインパクトのある経済ダメージが発生しています。

既に一部の国では経済の活性化が始まっていて景気が復活しつつある所もあるようですが、日本では未だに緊急事態宣言が出るなど予断を許さない状況です。

そんな中、朝日新聞が行った主要100社アンケートでは国内の景気への見方に再び停滞感が強まっているようです。

日本マクドナルドは「消費のあり方が変わった。元の状態には戻らない」とコメントしています。

多くの企業はワクチンがある程度行き渡り、自由に人の移動が可能になるころに以前の水準まで景気が戻ると回答しています。

今後はワクチンにより景気が回復していく見方が強い状況ですが、2022年中にはある程度今よりは自由に消費ができる状況になっている事を願いたいです。

景気は「元には戻らない」との声も 朝日100社調査

コロナ禍で落ち込んだ景気の底はいつか。最も多かった回答は「2020年春ごろ」の43社で、次いで「20年夏ごろ」が26社。約7割が昨年中に景気は底を打ったと答えており、今は回復の途上だという認識が大勢だ。

一方、コロナの感染拡大が本格化する前の20年1月ごろの水準まで景気が戻る時期を聞いたところ、6割超が来年以降と答えた。内訳は「22年前半」が30社と最多で、「22年後半」も26社あった。「22年前半」としたTOTOの清田徳明社長は「ワクチンがある程度行き渡り、みんなが自由に動き回れるのはそのころ」との見方だ。

また、「訪日客がコロナ前の水準に戻るのは23年前半、国内景気は23年後半になる」(西武ホールディングス〈HD〉の後藤高志社長)など、23年以降とする回答も11社あった。このほか、「消費のあり方が変わった。元の状態には戻らない」(日本マクドナルドHDの下平篤雄副社長)との意見も出た。
参考:news.yahoo.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました